どんなお酒が人気なの?

お酒の種類と基礎知識

お酒と聞くとどのような種類を思い出すでしょうか。お酒には、アルコール度数が高いものから低いものまで様々な種類があります。お酒には、主に醸造酒と蒸留酒があります。ビールやワイン、日本酒が醸造酒にあたり、ウイスキーや焼酎が蒸留酒になります。 醸造酒は、蒸留酒に比べアルコール度数が高くありませんが、色々な成分が含まれているため、肝臓に負担がかかり二日酔いしやすいお酒となっています。蒸留酒は、醸造酒を蒸留し作ったお酒のため、醸造酒とよりアルコール度数が高くなっています。 醸造酒のアルコール度数は、16~20%が限界で、醸造酒は96%が限界とされています。アルコール度数96%で有名なお酒がスピリタスで、世界で最も度数が高い蒸留酒です。

お酒の買取って可能なの?

本屋ゲーム、ブランド物が買取できるのと一緒で、お酒も買取ができます。お酒の買取専門店があるため、もし売りたいお酒があるときは買取専門店で査定をするとよいでしょう。自宅で眠っている古いお酒なども価値があり、売れる可能性があるため買取を検討してみましょう。買取専門店では、ブランデー、ワイン、焼酎、シャンパンなど色々な種類のお酒を取り扱っています。保存状態が悪かったり、ラベルが剥がれていると価値が下がってしまいますが、買取をしてくれる店舗もあります。 自分はお酒を飲まないのに、お中元やお歳暮などでお酒が贈られてくるケースも珍しくありません。保存場所も大変でしょうから、買取も一つの選択肢となります。複数社で査定し、比較して買取を検討しましょう。

© Copyright Wine Classification. All Rights Reserved.