古くなると価値の上がるお酒があるって本当?

熟成されたランクの高いお酒は高値で売却可能

不要になったお酒は売ることが可能であり、お酒のファンは世の中に多いため中古でも買い手はいくらでも存在します。またお酒は生鮮食品と違って長期保存が可能な飲料物です。そのため数年、ものによっては数十年前に購入したお酒でも買い取ってもらえるかもしれません。さらにお酒によっては、古くて熟成されたものなら高値で買い取ってもらえる可能性があります。 例えばブランデーは長く熟成するほど価値が上がる洋酒の一つであり、熟成期間によってランクが定められます。もし熟成期間が長くランクの高いブランデーなどのお酒があるなら、たとえかなり以前に購入したものであっても、一度はお酒買取の業者に鑑定してもらった方がいいかもしれません。

お酒購入後の保存期間と熟成の関係

熟成されたお酒は市場で高く評価されるものの、製造過程で熟成された場合に限定されます。樽から容器に詰められ市販された状態で時間が長く経過したとしても、お酒買取時の評価につながるわけではありません。瓶などに詰められた状態では、それ以上のお酒の熟成は期待できません。そのため長くお酒を手元に置いても、さらに熟成して価値が上がるわけではないです。 そのためお酒の保管するスペースもなく処分を考えているなら、お酒買取業者に売ってしまった方が有意義であると考えられます。アルコール度数の高いお酒は長期間に渡り保管可能ではあるものの、日光などの影響より徐々にでも品質が劣化するため、早めに売った方が買取評価は高いです。

© Copyright Wine Classification. All Rights Reserved.